First normal form とは

最初の正規形(1NF)は、リレーショナルデータベース内の関係のプロパティです。リレーションは、各アトリビュートのドメインにアトミック(分割できない)値のみが含まれ、各アトリビュートの値にそのドメインの単一の値が含まれている場合に限り、最初の正規形になります。エドガー・コッドによる1971年の会議紙でのこの用語の最初の定義は、そのドメインのどれも要素として要素を持たない場合、最初の正規形になるという関係を定義した。
最初の正規形は、リレーショナルデータベースにおける関係の本質的な特性です。データベース正規化は、標準正規形での関係式でデータベースを表現するプロセスであり、最初の法線は最小要件です。
最初の正規形では次の基準が適用されます。
 個々のテーブルの繰り返しグループを削除します。関連するデータのセットごとに個別のテーブルを作成します。主キーで関連データの各セットを識別する

Join dependency とは

依存関係理論として知られるコンピュータサイエンスの分野では、結合依存関係は、データベーススキームに対する一連の法的関係の制約です。テーブルTは、Tの属性のサブセットを持つ複数のテーブルを結合することによってTを常に再作成できる場合、結合依存関係に従います。結合内のテーブルの1つにテーブルTのすべての属性がある場合、結合依存関係は簡単なと呼ばれる。
Scheme R {\displaystyle R} を表 R 1 {\displaystyle R_{1}} から R n {\displaystyle R_{n}} に分解すると、分解は次のようになることが証明されているため、結合依存関係は第5正規形(プロジェクト結合正規形とも呼ばれます)で重要な役割を果たします。 R {\displaystyle R} の法的関係を ( R 1 , R 2 , , R n ) {\displaystyle *(R_{1},R_{2},\ldots ,R_{n})} と呼ばれる R {\displaystyle R} の結合依存関係に制限すると、ロスレスジョイン分解が行われます。
結合依存関係を記述する別の方法は、結合依存関係内の関係のセットが互いに独立していると言うことです。
関数型の依存関係の場合とは異なり、完全な型付き依存関係などのより表現力豊かな依存言語に対しては公理化が存在しますが、結合依存関係については健全で完全な公理化はありません。ただし、結合依存関係の意味は決定できません。

Elementary key normal form とは

Elementary Key Normal Form(EKNF)は3番目の正規形の微妙な拡張であるため、EKNFテーブルは3NFに定義されています。これは、複数の一意の複合キーがあり、それらが重複している場合に発生します。このような場合は、重複する列に重複した情報が表示される可能性があります。
すべての基本的な関数の依存関係がすべてのキーから始まるか、または基本的なキー属性で終了する場合に限り、テーブルはEKNF内にあります。 X→Yの形のすべての自明ではない関数従属性について、XはキーかYは基本キー(の一部)です。
EKNFは1982年にCarlo Zanioloによって定義されました。

Database testing とは

データベーステストは、通常、ユーザーインターフェイス(UI)レイヤー、ビジネスレイヤー、データアクセスレイヤー、およびデータベース自体を含む階層化されたプロセスで構成されます。 UIレイヤーはデータベースのインターフェイス設計を担当し、ビジネスレイヤーはビジネス戦略をサポートするデータベースを含みます。

Domain-key normal form とは

ドメインキー正規形(DK / NF)は、データベースの正規化に使用される通常の形式であり、データベースにドメイン制約およびキー制約以外の制約が含まれていないことが必要です。
ドメイン制約は指定された属性の許容値を指定し、キー制約は指定されたテーブルの行を一意に識別する属性を指定します。
関係のすべての制約がキーとドメインの定義の論理的な結果であり、キーとドメインの制約と条件を強制するとすべての制約が満たされるときに、ドメイン/キーの正規形式が達成されます。したがって、すべての非一時的な異常を回避します。
ドメイン/キー正規形を使用する理由は、明確なドメインまたはキーの制約ではない一般的な制約をデータベースに持たないようにするためです。ほとんどのデータベースでは、属性のドメイン制約とキー制約を簡単にテストできます。しかし、一般的な制約は、通常、維持するのに費用がかかり、データベースを実行するのに費用がかかるストアドプロシージャ(多くの場合、トリガの種類のもの)の形で特別なデータベースプログラミングを必要とする。したがって、一般的な制約は、ドメイン制約とキー制約に分割されます。
多数の異常を含んでいるより小さいデータベースを変換するのではなく、ドメイン/キーの正規形でデータベースを構築するほうがはるかに簡単です。しかし、経験豊富なデータベースプログラマにとっても、ドメイン/キーの正規形データベースを構築することは困難な作業です。したがって、ドメイン/キー正規形は、ほとんどのデータベースに見られる問題を排除しますが、達成するには最もコストのかかる通常の形になりがちです。しかし、ドメイン/キー正規形を達成できないと、時間の経過とともに正規形を下げるだけのデータベースに現れる異常のために、長期的な隠れたコストがかかる可能性があります。
第3正規形、Boyce-Codd正規形、第4正規形および第5正規形は、ドメイン/キー正規形の特別な場合である。すべては、(超)キーに変換できる機能、複数値または結合依存関係のいずれかを持っています。これらの正規形のドメインは制約されていないため、すべてのドメイン制約が満たされています。しかし、より高い正規形をドメイン/キー正規形に変換することは、必ずしも依存性を保持する変換ではなく、したがって必ずしも可能ではない。

Single version of the truth とは

コンピュータ化されたビジネス管理では、単一バージョンの真実(SVOT)は、単一の集中データベースまたは少なくとも分散された同期データベースのいずれかを持つデータウェアハウスの理想を記述する技術コンセプトです。非重複形式。これは、特定の情報を常に1つの場所から取得するためのデータ格納原則を指す、単一ソースの真実(SSOT)という関連概念とは対照的です。

Fifth normal form とは

第5正規形(5NF)は、プロジェクト結合標準形(PJ / NF)とも呼ばれ、意味論的に関連した複数の関係を分離することによって、複数値のファクトを記録するリレーショナルデータベースの冗長性を減らすために設計されたデータベース正規化のレベルです。そのテーブルのすべての非自明な結合依存関係が候補キーによって暗示されている場合に限り、テーブルは5NF内にあると言われます。
A、B、…、ZのそれぞれがRのスーパーキーである場合に限り、Rの結合依存* {A、B、… Z}はRの候補キーによって暗示されます。
5番目の正規形は、1979年の会議の標準形とリレーショナルデータベース演算子でRonald Faginによって最初に記述されました。

Single source of truth とは

情報システムの設計と理論では、単一の情報源(SSOT)は、すべてのデータ要素が正確に1回保存されるように、情報モデルと関連するデータスキーマを構成するプラクティスです。このデータ要素(おそらくリレーショナル・スキーマの他の領域または遠隔の連合データベースの場合もある)への可能な結合は、参照のみによるものです。データの他のすべての場所がプライマリの「真実のソース」の場所を参照するだけなので、プライマリロケーションのデータ要素への更新は、重複した値をどこか忘れてしまう可能性なしにシステム全体に伝播します。
重複または正規化されていないデータ要素が間違ってリンクされている(明示的なデータモデルの意図的または非意図的な非正規化の直接的な結果)、旧式の、したがって不正確な情報の検索のリスクが生じるエンタープライズ設定では、SSOTアーキテクチャの展開がますます重要になります。一般的な例は電子的健康記録であり、SSOTとして機能する単一の参照リポジトリに対して患者の身元を正確に検証することが不可欠です。企業内のデータの重複した表現は、データベーステーブル、行、またはセルを複製するのではなく、ポインタを使用して実装されます。これにより、権限のある場所にある要素へのデータの更新が、より大規模な全体的なエンタープライズ・アーキテクチャー内のすべてのフェデレーテッド・データベースの構成員に包括的に配布されます。
SSOTシステムは、本物、関連性、および参照可能なデータを提供します。