GStat とは

GStatは、グリッドサービス、グリッド情報システムそのものおよび関連するメトリックに関する情報を表示することを目的としたWebアプリケーションです。このシステムはモジュール式に設計されており、さまざまなアプリケーションシナリオでソフトウェアを再利用できます。

Scalable Cluster Environment とは

OpenSCE(Open Scalable Cluster Environment)は、タイのKasetsart大学が率いるオープンソースのベオウルフクラスタリングソフトウェアスイートです。 SCMS(Scalable Cluster Monitoring System)と呼ばれる小規模なシステム監視から始まり、その基盤から多くのサブプロジェクトまで拡張されています。現在、OpenSCEには以下のコンポーネントがあります

Semantic grid とは

セマンティックグリッドは、セマンティックデータモデルを使用して情報、コンピューティングリソースおよびサービスを記述するグリッドコンピューティングへのアプローチです。このモデルでは、データとメタデータは事実(小文)で表現され、人間には直接理解できるようになります。これにより、リソースを簡単に発見して組み合わせて、仮想組織(VO)を作成することが容易になります。これらの記述はメタデータを構成し、通常、RDF(Resource Description Framework)などのセマンティックWebの技術を使用して表現されます。
セマンティックWebと同様に、セマンティックグリッドは、「情報とサービスに明確な意味が与えられ、コンピュータと人々が協力して作業できるようにする、現在のグリッドの拡張」と定義できます。
セマンティックグリッドのこの概念は、e-Scienceの文脈で最初に明確にされ、高度な使いやすさとシームレスな自動化を達成するためにはそうしたアプローチが必要であり、グローバル規模で柔軟なコラボレーションと計算が可能です。
グリッド・アプリケーションでのセマンティック・ウェブや他の知識技術の使用は、知識グリッドとして記述されることがあります。セマンティックグリッドは、これらの技術をグリッドミドルウェア内に適用することによって、これを拡張します。
いくつかのセマンティックグリッド活動は、グローバルグリッドフォーラムのセマンティックグリッド研究グループを通じて調整されています。

HTCondor とは

HTCondorは、計算集約型タスクの粗粒度分散並列化のためのオープンソースのハイスループットコンピューティングソフトウェアフレームワークです。専用のコンピュータクラスタで作業負荷を管理したり、デスクトップコンピュータをアイドル状態にするための作業を実行したり、いわゆるサイクル清掃に使用できます。 HTCondorは、Linux、Unix、Mac OS X、FreeBSD、およびMicrosoft Windowsオペレーティングシステム上で動作します。 HTCondorは、1つのコンピューティング環境に専用リソース(ラックマウントクラスタ)と非専用デスクトップマシン(サイクル清掃)の両方を統合することができます。
HTCondorは、University of Wisconsin-MadisonのHTCondorチームによって開発され、自由に使用できます。 HTCondorはオープンソースの理念に従います(Apache License 2.0でライセンスされています)。 HTCondorのWebサイトからダウンロードするか、Fedora Linuxディストリビューションをインストールしてください。また、リポジトリのUbuntuのような他のプラットフォームでも利用できます。
HTCondorは、Globus ToolkitのコンポーネントであるGRAM(Grid Resource Allocation Manager)によってサポートされるジョブスケジューラのメカニズムの1つです。
HTCondorは未使用のコンピューティング時間を有効に活用しますが、HTCondorで使用するためにコンピュータをオンにしたままにすると、エネルギー消費と関連コストが増加します。リバプール大学は、Wake-on-LANと商用電源管理PowerMAN(ソフトウェア)を組み合わせて使用​​することで、この問題の効果的なソリューションを実証しました。バージョン7.1.1から、HTCondorは、サードパーティのソフトウェアを必要とせずに、ユーザーが指定したポリシーに基づいてマシンを休止し、スリープ解除することができます。

Web Services Resource Framework とは

Webサービス・リソース・フレームワーク(WSRF)は、OASISが公開しているWebサービス仕様のファミリーです。主な寄稿者には、Globus AllianceとIBMが含まれます。
ウェブサービス自体は、名目上は状態を持たない(すなわち、呼び出し間にデータを保持しない)。これは、Webサービスでできることを制限し、
WSRFより前のWeb Servicesファミリの仕様では、リモートリソースとのステートフルな対話を処理する方法は明示的に定義されていませんでした。これは、Webサービスがステートフルではないことを意味するものではありません。 Webサービスが必要な場合は、データベースから読み取るか、クッキーまたはWS-Sessionを使用してセッション状態を使用できます。
WSRFは、Webサービスがステートフルな相互作用を実装するために使用できる一連の操作を提供します。 Webサービスクライアントは、データを格納および取得できるリソースサービスと通信します。クライアントがWebサービスと通信するとき、WS-Addressingエンドポイント参照内にカプセル化された要求内で使用される特定のリソースの識別子が含まれます。これは簡単なURIアドレスでも、複雑なXMLコンテンツでも問題の特定のリソースを特定または完全に記述するのに役立ちます。
明示的なリソース参照の概念と並んで、リソースプロパティを取得/設定するための標準化された一連のWebサービス操作があります。これらは、メソッドの横にあるオブジェクトのメンバ変数を持つのと似たやり方で、リソース状態を読み込み、おそらく書き込むために使用できます。そのようなモデルの主な受益者は管理ツールであり、他の知識がなくてもリソースを列挙して表示できます。これがWSDMの基礎です。

WEB2GRID とは

WEB2GRIDプロジェクトは、コミュニティのハイエンドタスクを処理するために必要なインフラストラクチャを動的に構築する際にWeb 2.0コミュニティをサポートすることを目的としています。 Web2Gridテクノロジーは、メンバーの共同努力としてコンテンツが生成されるのと同じように、コミュニティメンバーのボランティアコンピューティングリソースを活用して共同社会の取り組みとして必要なインフラストラクチャを構築することを可能にします。この目標を達成するために、Web2Gridは、EU FP7 EDGeS(e-Science用デスクトップグリッドの有効化)とEU FP7 EDGI(European Desktop Grid Initiative)プロジェクトで開発されたSZTAKI Desktop Grid BOINCと3G Bridgeテクノロジを活用しています。
2009年に開始されたこのプロジェクトは、ハンガリーのMTA-SZTAKIの並列分散システム(LPDS)研究所のPeter Kacsuk教授によって技術的に調整されています。

MTA SZTAKI Laboratory of Parallel and Distributed Systems とは

MTA SZTAKIの部門である並列分散システム研究所(LPDS)は、分散グリッドとクラウド技術の研究機関です。 LPDSは、ハンガリーグリッドコンピテンスセンター、ハンガリー国家グリッドイニシアチブ、ハンガリーOpenNebulaコミュニティの創設メンバーであり、ヨーロッパのいくつかのグリッド/クラウドプロジェクトも調整しています。
LPDSの使命は2つある。一方では、効率的なソフトウェア開発ツールと高度なサービスをカスタマイズ可能なサイエンスゲートウェイと一緒に提供したいと考えています。他方、LPDSは、科学的およびビジネスアプリケーションのためのコスト効率の高い代替分散、グリッドおよびクラウドプラットフォームを実現する、相互運用性のための維持管理が容易なミドルウェアソリューションおよびテクノロジを開発しています。
LPDS研究所は、MTA SZTAKIの他の部門と協力して、SZTAKIクラウドの開発に携わり、より多くのクラウドベースのプロジェクトに参加しました。 LPDSクラウドリサーチは、以前進化したLPDSの製品とサービスを、スケーラブルで透過的な方法でクラウドベースの実行に利用できるようにする、IaaS(Infrastructure as a Service)ベースのクラウドシステムの分野に焦点を当てています。

GridRPC とは

GridRPCは、グリッド上のリモートプロシージャコールです。このパラダイムは、Open Grid Forum(OGF)のGridRPCワーキンググループによって提案されており、クライアントが単に関数呼び出しとしてリモートサーバーにアクセスできるようにAPIが定義されています。既存のミドルウェアとの相互運用性の理由から、APIには、異なるGridRPC APIの優れた使用法と動作を記述した文書が続いています実装。その後、2011年に標準化されたGridRPCデータ管理についての作業が行われました。

Nordic Data Grid Facility とは

ノルディックデータグリッドファシリティ(NDGF)は、北欧諸国(デンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、アイスランド)が科学的コンピューティングとデータストレージを提供する共通のeサイエンスインフラストラクチャです。
NDGFの動機付けは、北欧諸国の研究者が、国内の研究グループだけで到達不可能な範囲と規模の計算上の課題を作成し、参加できるようにすることです。

Minimum intrusion Grid とは

最小侵入グリッド(一般にMiG)は、システムのすべての参加者のセキュリティを維持しながら、使用要件を最小限に抑えた最新のグリッドコンピューティングシステムを設計および開発するための努力です。
MiGは現在3つの別々のプロジェクトをカバーしています:
 MiGridは、ソフトウェア自体を開発するプロジェクトです。 MiGridは開発グリッドで、通常は最新のMiGridソフトウェアを実行します。 Grid.dkは、デンマークの全国グリッドであり、MiGridソフトウェアを実行する予定であり、NorduGridなどの他のGridミドルウェアと混在しています。