DUCS (software) とは

DUCS(Display Unit Control System)は、CFS Inc.のテレプロセッシングモニターで、IBMのDOS / VSE環境向けの2つの早期ローカルテレプロセッシングパッケージの1つです。 DUCSは、プログラマーがモニターと「話す」ためのインターフェースとアクセス方法を提供しました。そのようなアクセス方法は、後でAPIとして知られるようになった。
当初は、IBMメインフレーム上でDOS上で動作するIBM 2260用に書かれたもので、元の製品はIBMのユーザーには無料でした。 DOS / VSとIBM 3270シリーズ端末の登場により、元の著者は1970年頃に商品を商品化しました。同社は1972年頃に透明なリモートアクセスを追加しました。
この製品は、衛星経由でデータを送信するためのIBM以外の一般に公開されている商用ソフトウェア・パッケージの第1弾と考えられています。

IBM MTCS とは

MTCS(Minimum Teleprocessing Control System)は、OS / VS1でIBMメインフレームシステム上で動作するトランザクションプロセッサーでした。
MTCSはIBMから入手可能で、中小規模の迅速かつ中規模のオンライン処理用に設計されています。このプロセスは、完全にインタラクティブ(3270ディスプレイ端末を使用した画面指向)でした。
MTCSの '公式'バージョンはシングルスレッドのみで、リリース前のCICSの先駆けでした。 MTCSの非公式およびマルチスレッド版は、マルチスレッド「MTCSブリッジ」(ミドルウェアMTCSシミュレータ)がCICSの下で直接MTCSトランザクションを実行するために利用可能になると同時に、Littlewoods Pools、UKによって開発されました。このバージョンは、グラナダプロダクションを含む他の顧客がライセンス契約に基づいて使用したものです。

ACF2 とは

ACF2(Access Control Facility)は、SKK、IncのMVS(今日のz / OS)、VSE(今日のz / VSE)およびVM(今日のz / VM)IBMメインフレームオペレーティングシステム向けに開発された商用の任意アクセス制御ソフトウェアセキュリティシステムです。 1978年にオンタリオ州ロンドンのLondon Life InsuranceでACF2を開発するためにBarry Schrager、Eberhard Klemens、Scott Kruegerが加わりました。 "2"はCambridge Systems(製品の北米販売権を持っていました)イリノイ大学のSchragerとKlemensによって開発されたプロトタイプと区別するために、プロトタイプ名はACFでした。また、「2」は、IBMのACF / VTAMとの区別にも役立ちました。
ACF2は、1974年に開発されたIBMのRACF製品に対応して開発されました。これは、1974年のSHARE Security and Data Managementプロジェクトの要件ホワイトペーパーに対するIBMの答えでした。 ACF2の設計は、リソースルール指向のアプローチを取って、これらの要件によって導かれました。 ACF2に特有のものは、「デフォルトによる保護」とリソースパターンマスキングの概念でした。
IBMは、RACFとACF2の競争激化の結果、MVS(z / OS)のSAF(Security Access Facility)インターフェースを成熟させました。これにより、セキュリティ製品はOS、サードパーティ製ソフトウェアおよびアプリケーション・セキュリティ・コールを処理でき、メインフレームオペレーションのすべての側面を保護するためのメインフレーム。
SKKとACF2は、1986年にUCCEL Corporationに販売され、1987年にComputer Associates International、Inc.によって購入されました.CA Technologiesは現在(2012年)、ACF2をCA ACF2として販売しています。

FASTER (software) とは

FASTER(First Automated Teleprocessing Environment Reponder)は、OS / MFTでIBMメインフレームシステム上で動作するトランザクションプロセッサでした。
FASTERはIBMから入手可能で、中小規模の高速、中規模のオンライン処理用に設計されています。このプロセスは、完全にインタラクティブ(2260ディスプレイ端末を使用した画面指向)でした。
FASTERの「公式」バージョンはシングルスレッドのみで、リリース前のMTCSの先駆けでした。

Westi とは

Westi(Westinghouse Teleprocessing Interface System)は、IBMのDOS / VSE環境向けの2つの早期ローカルテレプロセッシングパッケージの1つでした。 WestiはWestinghouse Terminal Interactiveを立ち上げました。 Westiは、プログラマーがモニターに話してデータ入力を処理するためのインターフェースとアクセス方法を提供しました。そのようなアクセス方法は後にAPIとして知られ、ハンドラはトランザクション処理の一形態である。
1981年、WESTIはCICSの主要な競争相手とみなされ、IBMメインフレームトランザクション処理モニターの市場シェアで2位を獲得しました。
最初にIBMメインフレームでDOS下で動作するIBM 2260向けに書かれたオリジナルの製品は、IBMのユーザーに無料で提供されていました。 DOS / VSとIBM 3270シリーズ端末の登場により、Westinghouseは1970年に開発コストの一部を回収し、製品化したことに気付きました。同社は1980年頃には透過的なリモートアクセスを追加しました。
Westiは、CICSよりもメモリを消費していました。これは、256KBが大量のメモリと見なされた1970年代の非常にメモリが制約されたコンピューティング環境では魅力的でした。
Westiはアプリケーションのメインラインプログラムとして動作し、CICSにすぐに従うIBMのように、プログラマは端末やディスクとの間でデータを読み書きするためのサブルーチンを書きました。このリアルタイムパラダイムは、トランザクション処理として知られるようになりました。
これはWestiの主要な競争相手であるDUCSと異なり、DUCSはそのモデルを逆転させ、モニターから読み込んでそれを書き込むサブルーチンパッケージでした。 WestiはDUCSとしてプログラムして使用するのは簡単ではありませんでしたが、Westi(CICSなど)はタスク管理を担当していました。
スピードの面では、WestiはDUCSとかなり多くのプロセスバウンドCICSの間に落ちました。

WDU (software) とは

Westinghouse Disk Utilityは、一般にWDUと呼ばれ、IBMのDOS、DOS / VS、DOS / VSE環境用のコピー/バックアップ/リストアプログラムです。 1978年、ウェスティングハウス・エレクトリック・コーポレーションの製品であるWDUが3000を超えるサイトで使用されていたと報告されました。
もともとIBMのDOS向けに設計されたウェスティングハウスは、DOS / VS、DOS / VSE、VM / CMSなどの次世代向けに開発を続けました。
この製品は、さまざまなバックアップおよびコピーオプション、データストリーミング、代替テープドライブ、アーカイブの作成機能を提供しました。