Edholm’s law とは

フィル・エドホルム氏の名前を冠したエドホルムの法律は、無線、ノマディック、有線のネットワーク機能が統合されると述べている。まもなく、携帯電話やラジオモデムのような通信チャネルの速度が遅くなっても、UMTSやMIMOと呼ばれる今後の標準によって、イーサネットの容量が失われ、アンテナ使用率を最大限に高めて帯域幅を拡大します。
前方への推定は、2030年頃のノマディックとワイヤレス技術の速度の間の収束を示します。

Moore’s second law とは

Arthur RockまたはGordon Mooreに命名されたRockの法律またはMooreの第2の法律は、半導体チップ製造工場のコストは4年ごとに倍増すると述べています。 2015年の時点で、価格はすでに約140億ドルに達しています。
ロックの法則は、密な集積回路のトランジスタの数が2年ごとに2倍になるという、ムーアの法則(第1法則)にとって経済的な面であると見ることができます。後者は、資本集約型半導体業界の継続的な成長の直接的な結果です。革新的で人気の高い製品は、より多くの利益を意味します。これは、より高いレベルの大規模統合に投資する資本が増え、より革新的な製品。
半導体産業は常に製造設備のコストが激減しており、非常に資本集約的です。したがって、業界の成長の最終的な限界は、新製品に投資できる資本の最大量を制限します。ある時点で、ロックの法則はムーアの法則に衝突するでしょう。
1990年代後半のロックの法則によって予測されるように、製造工場のコストが急速に上昇していないことが示唆されている。また、トランジスタ当たりの製造工場コスト(顕著な下降傾向を示している)は、ムーアの法則の制約。

Dennard scaling とは

Dennardスケーリングは、MOSFETスケーリングとも呼ばれ、Robert H. Dennardの共同執筆による1974年の論文に基づくスケーリング法です。もともとMOSFET用に策定されたもので、トランジスタが小さくなるにつれて電力密度が一定に保たれるため、電力使用は面積に比例して維持されます。

Claasen’s law とは

Claasenの有用性の対数法則は、技術者Theo A. C. M. Claasenにちなんで命名されました.The A. C. M. Claasenは、1999年にPhilips SemiconductorsのCTOであるという考えを導入しました。
有用性=ログ(技術)
法律は次のように表現することもできます。
テクノロジー= exp(有用性)

Haitz’s law とは

ハイッツの法則は、長年にわたり発光ダイオード(LED)の着実な改良に関する観測と予測です。
これは、10年毎にルーメン当たりのコスト(放射される有用な光の単位)が10倍に低下し、LEDパッケージ当たりに生成される光の量が所与の波長(色)の光に対して20倍増加すると主張している。所与の集積回路内のトランジスタの数が18〜24ヶ月ごとに2倍になるというムーアの法則に対応するLEDと考えられている。どちらの法律も、半導体デバイスの製造プロセスの最適化に依存している。
ハイッツの法則は、アジレント・テクノロジーズの科学者であるRoland Haitz(1935-2015)にちなんで命名されています。それは、Strategies Unlimitedが主催する一連の年次会議の第1回である、Light 2000のStrategiesで大衆に初めて発表されました。ルーメン当たりのコストとパッケージ当たりの光量の指数関数的増加の予測に加えて、LEDベースの照明の有効性は、2020年に200 lm / W(ルーメン/ワット)に達し、2010年に100 lm / Wを超える可能性があるこれは、十分な産業資源と政府資源がLED照明の研究に費やされた場合であろう。照明用の電力消費量の50%以上(完全に消費される電力量の20%)が200 lm / Wに達すると節約されます。 LEDのこの展望とその他の足掛かりのアプリケーション(例えば、携帯電話のフラッシュとLCDバックライト)は、LEDの研究に多額の投資をもたらし、2010年にLEDの有効性が実際に100 lm / Wを超えた。 2020年までに最も効率的な光源になるでしょう。
連続波長(離散波長光源の組み合わせからなるものとは対照的に)の白色光源(波長が可視波長400nm〜700nmに制限された5800K色温度)の理論上の最大値は251lm / Wです。しかしながら、非連続波長複合「白色」LEDの一部は、300lm / Wを超える効率を達成している。
2010年に、Cree社は、100mA / Wの効率で1000ルーメン、350mAで160lm / W、700mAで150lm / Wを要求するXM-L LEDを開発し、販売しました。彼らはまた、350mAで208lmを生産するプロトタイプを用いて、研究開発において200lm / Wの障壁を壊したと主張した。 2011年5月に、Cree社は、350mAで231lm / Wの有効性を持つ別のプロトタイプを発表しました。 2014年3月、Creeは350 mAで303 lm / Wの効率を達成した別のプロトタイプを発表しました。
また、さまざまな光源の効率の概要については発光効率を参照してください。